人間社会(と猫)



◯◯シャワーから老いを感じる今日この頃

シャワーはシャワーでも体を洗うシャワーではなくて
お祝い事のシャワー。ベビーシャワーとかブライダルシャワーとかね。

Wikiによると、このお祝い事シャワーの由来はアメリカだそうだ。

最近は、日本にも進出したみたい。

アメリカではもちろん多いです、お祝い事シャワーイベント。
社内でも頻繁にやってます。

各社マーケティングの売上向上に乗せられたイベント、
と思えなくもないのですけれど、皆さん盛大にやります。

パーティがあまり好きではない私は、結構つらいイベントですが、
でもほら、元気な赤ちゃんを産んでほしいと心から思うし、
伴侶と末長くお幸せにってほしいと思いますから
そりゃ行きます、笑顔で。

正直に暴露するとパーティ中の一番苦手なお時間は
もらったプレゼントをぜーーーーーーんぶ開け、
最後のプレゼントを開けるまで延々とつづくオープン・ザ・ギフト大会。

分かってます、喜びを分かち合うための時間だって。
いただいたギフトを開けその場で感謝を述べる時間だってことも。
でも、長い場合は1時間以上かかり招待客が多ければ、もっと長期戦。
ギフト開けるの見続けるって。。。何ゲーム?

最近は男性もシャワーに呼ばれるので(社内イベントなら特に)
オープン・ザ・ギフト大会中の殿方はボーッとしてます。
強いて言えば、とても退屈そうにボーッとしてまうす、笑。
私以外にも苦手意識を持った人がいるのね、とホッとする瞬間でもあります。

ちなみに我が家の夫くんもそれはそれは退屈そうにしますね〜。
早く帰りたいオーラ出しまくり。

結婚式に呼ばれたおじいちゃんやおばあちゃんが
どうしたらいいか分からず時間を持て余す光景が頭によぎる。

こーやって私も老人に近づいて行くんだと。。。
若い者で楽しくやってくれ〜的な。
[PR]
# by chipsalsa | 2015-04-29 10:59 | アメリカ生活のもろもろ

巻かれろ

長いものには巻かれろ、という諺のはなしを軽く。。。

畑違いの職場を渡り歩いて気づいたことです。
私の米社会でのお仕事歴史を大まかに分けると、
広告代理店から販売業のインハウス制作部x2ですが、
広告代理店で働く人って自由人が多いのは確かですが
ほとんどの人が長いものに巻かれたくない人でした。
それ以外の会社では巻かれてなんぼ、かな。

ストレートに言うと巻かれまくった人って出世しますね。
それはそれでイイと思います。

そもそも私には出世願望まるでないので、
だから私も巻かれまくっちゃおう〜!ってのはありませんが、
適当に聞き流し、適当にいい顔し、適当に受け流すってのは
ストレスを溜めない方法ですね。ゲームしてるふり。
振りをしてるのを忘れずにね。

長いものにぐるぐる巻かれちゃってる人、皆さんの周りにもいますか?
[PR]
# by chipsalsa | 2015-04-21 09:21 | 人間社会のもろもろ

スキンケアいろいろ


スキンケアの話を同僚としていてかなり驚いたお話です。

私の周りに限らず、ほとんどの日本人(またはアジア人)は、
お肌のお手入れ手順が:

メークを落とす>洗顔する>化粧水>(美容液)>保湿

だと思います。

これ、アメリカでは一般的に:

メークを落とす洗顔する化粧水(美容液)保湿

と、いきなり洗顔から保湿へと飛んじゃうの。

アイメークを洗顔だけでゴッシゴッシ洗っちゃうのかいな?
化粧水で肌を整えてからの保湿はぁぁ?

こんなスキンケアが主流のせいか、
こちらで化粧水を見つけるのは
結構大変だったりした。

トーナーと呼ばれる化粧品が化粧水に近いが
どちらかというと拭き取り化粧水っぽい。
またはアルコールが強いもの。
メーク落とさず洗顔だから、拭き取り化粧水があっても
それはそれで正しいのかも。

さて、見つけるのが大変だったりした、と過去形にしたのは
最近は保湿力も高い日本人が求める化粧水が
出回り始めたからです。
でも、使ってる人は少なかったりする。

アメリカだけのスキンケアかと思っていたのですが、
同僚のオーストラリア人も同じスキンケアだったので、
これはアジア以外と言ったほうがいいのかしら。

面白かったのは、この同僚のオーストラリア人。
メーク落としシート(オイル含む)を間違った順番で使ってもーた。

フルメークの顔をいきなり洗顔した後に
メーク落としシートを使い、その後は保湿に飛んだらしい。

へ?

「あれ、私はあまり好きじゃない。オイリーだもの。」って
そりゃそーだよ。メーク落としからの洗顔だって!
順番を間違えてるって!

綺麗な素肌作りは日本人には主流だけど、
アメリカ人は化粧でカバーして綺麗に見せるが主流です。
パッサパサにならんのか?

スキンケアもいろいろ。笑。
[PR]
# by chipsalsa | 2015-04-08 08:23 | 美容もろもろ

太陽

実は冬の間、私はかなりディプレスしていた。

どうしてあんなに気持ちが落ち込んでいたのかよく考えると
シーズナルディプレッションだったのだと気付いた。

人によって季節は違うと思うが、
私の場合はあのどこまでも続く冬の寒さ。
まったく太陽に当れない日々。
氷点下20度が数日つづく温度の低さ。
雪が凍って汚れまみれになった毒々しさを増すブラックアイス。
(凍った雪が汚れて黒くなるのでブラックアイスと呼ばれる)
体が感じる寒さに加え、視界に飛びこむ黒々しい光景。

3月の後半になってもダウンジャケットを着る寒さが続くと
いったいいつになったら冬が終わるんだ〜〜〜〜!!と
腹立たしくなる。

会社のエレベーターで同乗したお偉い上司に
「冬が長くて、気持ちが落ち込む」と言うと
「誰でもそうよ〜。太陽に当たってビタミンDが取れないしね。」

そう、それ!
太陽に当たりたかったの!

4月になりやっと太陽の光にあたると
今までの暗〜い気分はどこえやら。

燦々と輝く太陽を浴びる。
日光浴って本当に大切。

そのお偉い上司にサンライトなるものがあるのを教えてもらった。
冬の間とか、窓がなくて日が入らないオフィスなどで使うそうだ。
NatureBright(クリックでアマゾンに飛びます)
Verilux HappyLight(クリックでアマゾンに飛びます)
といった商品があるらしい。
(何かを育てる機材っぽくもあるが・・・)

次の冬は真剣に購入を検討しようかと。
ビタミンDも忘れずに摂取しなきゃ。

私が住むニューヨークシティはやっと春らしくなってきたが、
地域、国によっては4月の後半まで雪が降っているかもしれない。
冬が明けるのはもうすぐです。がんばりましょう!
[PR]
# by chipsalsa | 2015-04-06 09:28 | 人間社会のもろもろ

マニキュア

週一で塗り直しても、
3週間後には爪が黄色くなり
乾燥して二枚爪になってしまう。

除光液を使いすぎないようにする、とか
塗らない休憩時間(期間)を与える、とか
いろいろ試したけど、だめだった。

なのでマニキュアは、
イベント事があるとき以外は
塗らなくなった。

が、最近使ってるマニキュアは違う。
爪も黄色くならず、二枚爪もなし。

同僚の爪のマニキュアの色が可愛くて褒めたら
「ゾヤ(ZOYA)のマニキュアよ。」と教えてくれた。

前述の通り、マニキュアから遠ざかって長いので
あまり注意を払わすに聞いていたので確かでないが、
”体に悪いケミカルが入ってないマニキュア”って
言ってたような気がする。

「試してみて。週末に持ち帰っていいよ〜。」
と勧められ試し塗りしてみた。

発色がめちゃくちゃ良い。
しかも塗りやすい。

早速、数色買ってみた。
プロモコードを使ったので
ベース、トップ、除光液も安く手に入った。

体に悪いケミカルが入っていない、
っていうのはよくわからん。
なぜなら独特のマニキュア臭はするから。

使い続けて3ヶ月。
すべてがゾヤブランドだからか、
私の爪ちゃんたちは今も健康的。

それとfast dry dropsっていうのを使うと
あっという間に乾いて5分後には
家事再開できるのである。

なにわともあれ、いいもの紹介してもらったと
同僚に感謝する日々である。
[PR]
# by chipsalsa | 2015-03-16 00:56 | 美容もろもろ

ハワイ

ここ数年、クリスマス休暇はハワイに行ってます。

ハワイでクリスマス休暇を過ごすことになったのは、
当初予定していたコスタリカ旅行が、諸々の事情で突然キャンセルしたのが始まり。
早い話、私のグリーンカードの有効期限の事情でコスタリカに入国できないと
チェックイン時に空港職員に言われ、泣く泣くその場でチケットをリファンド。
隣にあったハワイ航空で急遽チケット買って、数十年ぶりにハワイに行ったら
ものすごく楽しすぎたので、私たちの恒例旅行になったのです。

(そう言えば、その昔、メキシコにもビザの事情で行けなかったことあった。学べ!)
(グリーンカード有効期限もバッチリな今はドヤ顔してコスタリカに入国できます。)

と、前置きが長くなりましたが、ハワイの好きなところ。
アジア料理、ハワイ料理が、美味しい。
持ち帰り用のお店で買う食事も、すべてが美味しい。
観光客向けのお店(アジア食)であろうと、かなりレベルが高い。

逆にアメリカ食、メキシカン、ピザなどが劇的にマズい。
ハワイナンバーワンのビザが、NYCのワーストナンバーワン以下だったりする。
さすが、アジア系移民が多いわけだ。

交通ルールが秩序的。
とんでもなく意地悪なドライバーばかりを目にするNYCに比べ
え、道を譲っていただけるの?と驚くほどに優しいドライバー。
ありがとうのサインを出せば、どういたしましてのサインが返ってくる。
暖かい気候って心のゆとりに違いを出すのね。

横断歩道も信号機通り。
NYCなら赤信号でも車が来てても関係なく道を渡る歩行者。
ハワイでは横断歩道の信号通りに道を渡ることにかなりの衝撃。
そうなのよ、それが本来の姿なのよ!と
ルールに従う教育を受けた日本人は感無量になるわけです。

ハワイ英語(Pidgin English)が心地よい。
英語が第二言語である私自身がしゃべっていて時々感じるくらいだから、
NY訛りのネイティヴスピーカーはそうとうな早口だろうと思うのだけど、
ハワイ英語は非常に聞き取りやすく、ゆっくりと話す。
何をそんなに急ぐことがあるのさ?と自分の早口英語が気になる。
ゆっくりと話せば無駄な誤解も生まれないのでは。これからの教訓にしよう。

ホームレスが多い、が、臭わない。
何故なら、公共ビーチには必ず水シャワーにトイレ付きだから。
そこへ行けば、体を洗えますからね。

サーフィンできるビーチがいっぱいある。
読んでそのごとく、いっぱいあります。毎日サーフィン三昧しました。
波が長いので一気に上達した気持ちになるが、波が短い東海岸で波乗りしたら
プライドはずたずたに崩されるはずと、いまから心の準備中。

バーが面白い。
現地人しか行かないバーは、NYC並みに国際色豊か。
アメリカ本土から引っ越してきた多くの人とも交流ができます。
ハワイ在住40年とかの大先輩やオーストラリアからの旅行者、
ローカルバーは人種のるつぼです。
ちなみに私たちは、ブルックリンと呼ばれてました。笑。

ハワイは絶好のデトックス。
早朝6時に起きてコーヒーを飲み、朝食を食べて海に行く。
夕方5時か6時に夕飯を食べ、その後バーでたわいない会話を
色々な人たちと交わし、9時に就寝。
規則正しい生活は、心身ともに最高のデトックス。


そんんわけで、また来年も一生懸命働いて、
クリスマス休暇 in Hawaiiを目指します。


みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]
# by chipsalsa | 2014-12-29 12:23 | わたくしゴトのもろもろ

アメリカ食生活

渡米13年、アメリカ食生活に驚きもしなくなった。


・・・と思っていたが、


ランチを買いにデリに行ったら、
私の横で会計をするアメリカ人が


寿司とポテトチップスを買っていた。



斬新な組み合わせに驚きを隠せなかった。



バーガーにポテトチップス(またはフレンチフライ)からの
派生語ってことにしておこう。
[PR]
# by chipsalsa | 2014-11-08 23:07 | アメリカ生活のもろもろ

オーラ

数ヶ月前の話になります、

ある日、ランチを買いにオフィスの1階に降りたら
日本人らしきグループの方々がいらっしゃり、
レセプションで入館手続きをされてました。

そのうちのお一人が、すごく有名なミュージシャンでした。
私はその方のファンではありませんが、
ああああああああ、あの人!ってテンションあがった。

すっっっごーーーーーーいオーラを発してた。
長い間、活躍されてるだけある。

私の働くビルに入っている音楽関係のプロダクションに
ミーティングでいらしていたようで、
プロデューサーらしき人とレセプションで
ご挨拶をされていた。そのときの仕草立ち振る舞いが
とても謙虚でやわらなか笑顔に満たされていた。
ちゃらちゃらしたミュージシャンっぽくなくて
引き寄せられるオーラを発散しまくってました。
ほんの数秒の出来事だったけれど、
本人を目にしたことより、あの謙虚な姿勢に
ものすごく感動した。

えっくすじゃぱんのよしきさん。

世界中にファンがいるのは、あの方のお人柄なのでしょう。

そういえば、こちらNYCでコンサートがあったようで、
大成功されてことと思います。


こぼれ話。
夏なのに皮パンはいてたけど、汗の一滴もなし。
すっげぇ〜〜〜〜〜。さすが。
肌も綺麗だったな〜。
[PR]
# by chipsalsa | 2014-10-17 10:42 | アメリカ生活のもろもろ

アパート補修

大家に電話して直してもらえば無料だけど、
電話して、予定を決めて、仕事に遅れて行って...っていうのが面倒で
自分で出来る補修作業は自分ですることにしている。

今週末はCaulkを塗り替えた。
浴槽の淵とタイルがぶつかるところに水漏れ防止に塗るのがCaulk。
あれを英語でなんて言うのかわからずゴム状の水漏れ防止と説明しても
旦那くんには通じず、バスルームまでつれていき「これこれ」と指差したら
「あ〜コーキング(caulking)のことか。チューブに入ってるのを買ってきて塗ればいいだけ。」

(知ってるならやって。)っと喉まで出かけたが、
彼にやらせると大雑把な性格から適当に仕上げると思い、
自分でやることにした。

浴槽以外にも水漏れ防止したい部分にコーキングしたのだが、
作業の最後になってやっとコツを覚えた。

ご参考までにご参考あれ。

といっても、とても簡単。
水に濡らした指でゆっくり、まっすぐになぞるだけ。
失敗したらもう一度なぞり直すだけ。
一番のポイントは指がたっぷりの水にぬれているってこと。
滑りがよくなり奇麗なラインが引ける。
失敗してはみ出してしまった部分は濡れた指で拭き取る。

すぐに手を洗えばcaulkは流れ落ちていくが
30秒でも指に放置したままだと固まってしまい、
洗い流すのに苦労する。

caulkingする人なんて、かなーーーーり少ないと思うが、
誰かのお役に立ちますように。
[PR]
# by chipsalsa | 2014-10-06 10:29 | アメリカ生活のもろもろ

復活


最後に更新したのが2ヶ月前だったと気付き時の流れの速さに驚愕。
2ヶ月の間、何をしていたかというと、、、

ー 引っ越しが予想通り大変だった ー
引っ越してから1週間、早朝4時にチップ(猫)がミャーミャー泣き出す。
新しい住処に驚きと恐怖と違う匂いにパニックになったらしい。
メス猫のサルサはあっという間に順応。私より早かった。
今は二匹ともぐっすりよく寝てる。

ー 仕事が半端なく忙しい ー
誰でもそうだろうけれど、転職して数ヶ月は緊張と周りから寄せられる期待感を
ひしひしと感じながら過ごすと思うけれど、例にもれず私もバタバタの毎日だった。
今もそれは変わりなく、とにかくプロジェクトを終えることに必死。
でも充実感も上乗せされて忙しいことに慣れてきた。んじゃないかな。

ー 週末は海 ー
気持ちの切り替え=週末はやりたいことして過ごす。
しかもニューヨークの夏は短いし。
5月の最後の週末からほぼ毎週末、ビーチ。
私はブギーボード。旦那くんはサーフィン。
ブギーボードは足ヒレもつけて波乗りするのでかなり上達。
んが、サーファービーチ(=ライフガード無し)なのに、
どごぞの家族が子供つれてぴちゃぴちゃしてたら溺れかかったらしく
翌週からサーフィンのみ許可、それ以外全部禁止。
ブギーボードももれなく禁止。かなりガックリ。
ライフガードがいないビーチに来たそこの家族、もう来るな!
そんなわけで、私もサーフィン板に乗り始めた。楽しい。

ー iPhoneに別れを告げた ー
もーいいか、この流行もの、的な決断。
Googleアカウントがあれば、デジタル人生網羅されるし。
iCloudにメモリー足しのお金払わなくてすむし。
アンドロイド、いいですよ。はい。

ー 身分不相違なのに、お掃除サービス ー
引っ越し先は前のアパートより家賃が安くて広い。
広くなった分、毎朝かるく掃除ができなくなった。
週末に掃除で一日つぶれるのは避けたい。
なのでお掃除サービスを日本人のアーティストの方に依頼。
私もアートスクール卒業したので、アーティストで生活して行くのが
どれだけ大変か知っている。odd jobsをこなして制作費を稼ぐ。
NYで活動するアーティストに頑張って欲しいので
依頼する仕事はお掃除だけど、違う方法でのサポート。
部屋がいつもキレイで幸せに満たされる。

ー 英語が下手になった ー
恐るべし日系企業。じゃなくて、恐るべし己の脳の劣化。
日本語が話せるとなると英語の頭がどこへやら。
日英の切り替えがスローになってもうた。
毎朝、通勤中は英語の本を読んでも鍛えられない。
脳が毎日劣化してるのを感じる。

ー イライラが止まらない ー
地下鉄のプラットホームでのろのろ歩くな。
アジア人よ、くちゃくちゃ音をたてて食べるな。
仕事が忙しい時にプライベートの話を延々とする同僚よ・・・。
あれ、他にもいっぱいあったような・・・
とにかく、原因は分かってる。
仕事が忙し過ぎるから心に余裕がない!
自分の感情をどうコントロールするかが毎日の課題。
でも仕事の大波は超えたから、そろそろ心に余裕が出てくる、はず。

それはそうと、アメリカ生活が長くなればなるほど、
アジア人が音をたてて食べる習慣に驚いてしまうのは私だけ?




というわけで、2ヶ月のダイジェスト版でした。
[PR]
# by chipsalsa | 2014-09-11 11:39 | わたくしゴトのもろもろ


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31