人間社会(と猫)



カテゴリ:アメリカ生活のもろもろ( 181 )


◯◯シャワーから老いを感じる今日この頃

シャワーはシャワーでも体を洗うシャワーではなくて
お祝い事のシャワー。ベビーシャワーとかブライダルシャワーとかね。

Wikiによると、このお祝い事シャワーの由来はアメリカだそうだ。

最近は、日本にも進出したみたい。

アメリカではもちろん多いです、お祝い事シャワーイベント。
社内でも頻繁にやってます。

各社マーケティングの売上向上に乗せられたイベント、
と思えなくもないのですけれど、皆さん盛大にやります。

パーティがあまり好きではない私は、結構つらいイベントですが、
でもほら、元気な赤ちゃんを産んでほしいと心から思うし、
伴侶と末長くお幸せにってほしいと思いますから
そりゃ行きます、笑顔で。

正直に暴露するとパーティ中の一番苦手なお時間は
もらったプレゼントをぜーーーーーーんぶ開け、
最後のプレゼントを開けるまで延々とつづくオープン・ザ・ギフト大会。

分かってます、喜びを分かち合うための時間だって。
いただいたギフトを開けその場で感謝を述べる時間だってことも。
でも、長い場合は1時間以上かかり招待客が多ければ、もっと長期戦。
ギフト開けるの見続けるって。。。何ゲーム?

最近は男性もシャワーに呼ばれるので(社内イベントなら特に)
オープン・ザ・ギフト大会中の殿方はボーッとしてます。
強いて言えば、とても退屈そうにボーッとしてまうす、笑。
私以外にも苦手意識を持った人がいるのね、とホッとする瞬間でもあります。

ちなみに我が家の夫くんもそれはそれは退屈そうにしますね〜。
早く帰りたいオーラ出しまくり。

結婚式に呼ばれたおじいちゃんやおばあちゃんが
どうしたらいいか分からず時間を持て余す光景が頭によぎる。

こーやって私も老人に近づいて行くんだと。。。
若い者で楽しくやってくれ〜的な。
[PR]
by chipsalsa | 2015-04-29 10:59 | アメリカ生活のもろもろ

アメリカ食生活

渡米13年、アメリカ食生活に驚きもしなくなった。


・・・と思っていたが、


ランチを買いにデリに行ったら、
私の横で会計をするアメリカ人が


寿司とポテトチップスを買っていた。



斬新な組み合わせに驚きを隠せなかった。



バーガーにポテトチップス(またはフレンチフライ)からの
派生語ってことにしておこう。
[PR]
by chipsalsa | 2014-11-08 23:07 | アメリカ生活のもろもろ

オーラ

数ヶ月前の話になります、

ある日、ランチを買いにオフィスの1階に降りたら
日本人らしきグループの方々がいらっしゃり、
レセプションで入館手続きをされてました。

そのうちのお一人が、すごく有名なミュージシャンでした。
私はその方のファンではありませんが、
ああああああああ、あの人!ってテンションあがった。

すっっっごーーーーーーいオーラを発してた。
長い間、活躍されてるだけある。

私の働くビルに入っている音楽関係のプロダクションに
ミーティングでいらしていたようで、
プロデューサーらしき人とレセプションで
ご挨拶をされていた。そのときの仕草立ち振る舞いが
とても謙虚でやわらなか笑顔に満たされていた。
ちゃらちゃらしたミュージシャンっぽくなくて
引き寄せられるオーラを発散しまくってました。
ほんの数秒の出来事だったけれど、
本人を目にしたことより、あの謙虚な姿勢に
ものすごく感動した。

えっくすじゃぱんのよしきさん。

世界中にファンがいるのは、あの方のお人柄なのでしょう。

そういえば、こちらNYCでコンサートがあったようで、
大成功されてことと思います。


こぼれ話。
夏なのに皮パンはいてたけど、汗の一滴もなし。
すっげぇ〜〜〜〜〜。さすが。
肌も綺麗だったな〜。
[PR]
by chipsalsa | 2014-10-17 10:42 | アメリカ生活のもろもろ

アパート補修

大家に電話して直してもらえば無料だけど、
電話して、予定を決めて、仕事に遅れて行って...っていうのが面倒で
自分で出来る補修作業は自分ですることにしている。

今週末はCaulkを塗り替えた。
浴槽の淵とタイルがぶつかるところに水漏れ防止に塗るのがCaulk。
あれを英語でなんて言うのかわからずゴム状の水漏れ防止と説明しても
旦那くんには通じず、バスルームまでつれていき「これこれ」と指差したら
「あ〜コーキング(caulking)のことか。チューブに入ってるのを買ってきて塗ればいいだけ。」

(知ってるならやって。)っと喉まで出かけたが、
彼にやらせると大雑把な性格から適当に仕上げると思い、
自分でやることにした。

浴槽以外にも水漏れ防止したい部分にコーキングしたのだが、
作業の最後になってやっとコツを覚えた。

ご参考までにご参考あれ。

といっても、とても簡単。
水に濡らした指でゆっくり、まっすぐになぞるだけ。
失敗したらもう一度なぞり直すだけ。
一番のポイントは指がたっぷりの水にぬれているってこと。
滑りがよくなり奇麗なラインが引ける。
失敗してはみ出してしまった部分は濡れた指で拭き取る。

すぐに手を洗えばcaulkは流れ落ちていくが
30秒でも指に放置したままだと固まってしまい、
洗い流すのに苦労する。

caulkingする人なんて、かなーーーーり少ないと思うが、
誰かのお役に立ちますように。
[PR]
by chipsalsa | 2014-10-06 10:29 | アメリカ生活のもろもろ

見える看板、見えない看板

引っ越しの梱包作業からの現実逃避に
昨日はビーチへ行った。

友人(男)を拾って30分ほどのドライブ。
その道すがら「この店はココにあったんだ〜」と
ごく普通の会話をしながら目的地をめざす。

私が見つける看板は、ネイルサロンとか
コーヒーショップとか、ブティックなんだけど、
男グループが見つける看板は...

「お〜エキゾチックプレジャー!」だの
「パンプス!」だの...

ストリップバーの看板を瞬時に察知。

これは、男と女の違いですな。

洒落で誕生日パーチーをストリップバーでやるから来いと
声をかけた友人(男)がいたが、だーれも行きたがらなかった。
(結局、誕生日は普通にバーで集まってた。)

実際には行かないのに、看板を見つけて喜ぶ。
そういう男心が可愛いと思う。
[PR]
by chipsalsa | 2014-07-13 22:01 | アメリカ生活のもろもろ

引っ越し

医者に行って刺される医療針も大嫌いだけれど、
引っ越しもその次に嫌いな作業。

このアパートにはかれこれ7〜8年住んでいて
出来るものなら、このままずーとここに住みたいけれど
このエリアの家賃がうなぎ上りでございまして、
まんまとその余波をどっぷりかぶりました。

そんなわけで、望まぬ引っ越しと相成りました。

繰り返しますが、引っ越し大嫌い。

なので梱包もぜーんぶやってくれる引っ越し屋さんに頼もうとしたら
へ、そんなに高いんですか?と及び腰になってもーた。
下手すると一ヶ月分の家賃くらい。。。

梱包します、自分で。
め、めんどぉーーーーーーーー。

運ぶのだけ、お願いします。
梱包までやってもらうなんて百年早かったっす、はい。

あー引っ越しヤダー!と吠えていたら友人達に
「引っ越しするといらないものいっぱい捨てられるよ」
と慰めてくれた。
そうね、そうね、いいこともあるわよね。

捨てます。捨てて捨てて捨てまくります。

さっぱりと綺麗に引っ越す。


にゃんこ達を梱包しないように気をつよっと。
箱大好きだからね。
[PR]
by chipsalsa | 2014-07-12 11:50 | アメリカ生活のもろもろ

朝8時

そろそろ歯の定期検診をしようと思い、
同僚に紹介されたオフィス近くの歯医者に
電話をしたら、、、

金曜の朝の8時しか予約が取れなかった。

「ちなみに昼の12時に予約取れないかしらん?」
と、ダメもとで聞くと、
「昼の12時に空いてるのは・・・、7月の中旬ね。」と。

予約の電話をしたのは5月末。
初診患者の予約がずーーーーーっと先になるのは
どこの医者でもよくある話なので驚かないけれど、
さすがに7月だと、予約自体を忘れる可能性大なので、
しぶしぶ朝の8時に予約を入れた。

っていうのが、2週間前の話。

そしたら。

歯医者さんもスタッフさんも朝の8時から仕事したくないのか、
他の患者の予約キャンセルが入るたびに、速攻で電話をしてきてくれる。
必死感がすごい。

じゃなくて、仕事熱心なのよね。
予約の前から好印象。

朝8時に遅刻しないで行けるか、不安。。。
[PR]
by chipsalsa | 2014-06-05 10:50 | アメリカ生活のもろもろ

ずっこけた

ここに書くまでもありませんが、
ここのところ、アメリカ北部はもっのすごぉっーく寒い。
シカゴやミネアポリスなどもっと北の方は、
とんでもなく寒いはず。連日マイナス20度くらい?

NYCはマイナス10度前後を行ったり来たり。
今日は0度くらいになって楽チン。

そんなさぶぅ〜い毎日に感覚が麻痺してまして、
先日読んだヤフーニュースでずっこけた。

「最高気温9度という寒さ厳しい中、なんちゃらかんちゃら・・・」

へ?

最高気温9度もあったら、
春だよ、春!
Tシャツで歩く人も出現するよ!

いいな〜、9度。
あったかいだろうな〜。
→体感温度が狂ってます。
[PR]
by chipsalsa | 2014-01-28 10:52 | アメリカ生活のもろもろ

ウォーターフロス

ひゃ!
もう7月も終わりじゃないか!
8月になる前に、せめてもう一記事!

最近ハマってる家電の話し。
ウォーターフロス。

その名の通り水を入れてスイッチ押すだけ。
シャーっと水が出てくるだけなんですけどね。
でも、すっごくすっきりするよ。

d0134497_11221897.jpg


唯一の欠点は洗面所で使うと水浸し。
シャワーを浴びながら使うのがおススメ。
お値段は$40くらい。

矯正中とか、ブリッジとか、
インプラントの歯とか、
もちろん健康な歯も
大変喜びますぜよ。

amazonで検索したらいっぱい出てきます。
興味のある方は検索してみてくらはい。

充電して1週間は軽く持ちます。




ごきげんよう。
[PR]
by chipsalsa | 2013-07-31 11:24 | アメリカ生活のもろもろ

収穫2

我が家のデッキの掃除をしたら
思わぬ収穫が。その2。


秋冬の間に上階のベランダから
うちのデッキに舞い降りたタバコの吸い殻。
その数、ざっと50本。


実はずっと前から気になっていた。
以前は週に2〜3本くらいだったので
拾えばいいことだし、何も言わずにいたのだが
冬の間に外に出ることがなかったので
拾わずにいたら溜まりにたまって50本ほど。
うちのデッキが巨大な灰皿に。


いつか言おうと思いながら面倒だしご近所だし角が立ったらいかん。
でも何とかしなきゃとやっと重い腰を上げ、カードを書いた。
猫を飼っていたはずなのできゃわいいニャンコのカードを選択して。


はて、文面は?


こういう時に、オット君がアメリカ人で良かった。
私が書いた文面を読み上げ、これでいいかと訪ねると、
命令口調ではなく(don't demand)
あくまでも低姿勢で(just be nice)
さもなければ嫌がらせでわざと吸い殻を落とす(otherwise they won't stop)、
私の下書きは却下され、彼のアドバイスに従い、
「吸い殻が落ちて来ておりますので申し訳ありませんが、
灰皿を何かでかぶせていただけませんか?(英語)」と
何度も練習をし、一番キレイな字でカードに書き込み
上階の隣人ドアにおいて来た。


翌日、お詫びのカードとともに
綺麗なお花が我が家のドアに置かれていた。
「大変申し訳ありませんでした。
ご丁寧に教えていただきありがとうございます。」
と、アメリカ生活で初めて読むような文面のカードだった。


d0134497_1195778.jpg
いただいたお花。






なのに、今日は3本拾ったよ・・・。
か、風が強かったからかな・・・。
数日、様子を見てみよう。
たぶん、明日は・・・1本で終るかな?




ごきげんよう。
[PR]
by chipsalsa | 2013-05-14 11:14 | アメリカ生活のもろもろ


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30