人間社会(と猫)



NYで節水、節電をしても意味はないのだが・・・

マンハッタン近郊にあるアパートは、
ほとんどの場合、水道料金は家主が払うので
賃貸をしている人はお金を払わない。

でもなぜか、最近、節水をしてしまう。

電気料金はもちろん、賃貸人が払う。
電気は普通に通っているし、
計画停電もない。

でもやっぱり、節電してしまう。

いつもより低い電気料金の請求が来たら
浮いたお金を募金しよう、そうしよう。

これから先、復興へ向けての支援が必要になる。
小さな募金も、塵も積もれば山となる。










**********************
ちょっと長い、ひとりごと。

特に被害が大きかった県(宮城、岩手、福島)の
ホームページをみたら、義援金を受け付けていた。
被災者への応援がもっと身近に出来るような気がするので
貯まったお金をいつか、それぞれの県に送らせていただこうと思う。
今のところ、岩手県のみ海外からの送金方法を記載している。
海外から送金する場合、銀行のSWIFT codeが必要になるので
福島県と宮城県には直接メールで問い合わせてみよう。
いや、今はお忙しいから銀行に直接聞いてみよう。

それから、、、
出稼ぎ先で募金をつのり始めてくれた。
とてもありがたいことで感謝しても仕切れない。
ただ、、、
送る物がシェルターボックスというもので、
10人が寝泊まりできるテント、毛布、感染予防グッズ、
倒壊した家を捜索するためのショベル、斧、ハンマー、
簡易料理器具などが入って1箱1000ドルする。
募金額によって送る個数を決めるということだが・・・だが・・・
果たしてこれは被災者が本当に必要にしている物なのだろうか。
このシェルターボックスが地震後2〜3日後に届くのであれば
その役目を充分に果たせると思うけれど、
避難所で生活している方々には、徐々に生活物資は届いているし
テントよりもこの先の復興のための資金が必要になると思う。

明日、フリーランサーの分際だけれどCEOにメールを差し上げようと思う。
感謝の言葉とともにできれば復興のための募金をしていただけないかと。
いまからドキドキ。だって、CEOだもん。。。でも、頑張るっ。
[PR]
by chipsalsa | 2011-03-22 11:32 | わたくしゴトのもろもろ
<< 週末の迷走サブウェイ がんばれ東北! チップとサルサ... >>


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31