人間社会(と猫)



オトコとオンナの進化論

なんつって、壮大なタイトルにしてみましたが、
まぁ、読んでいってください。

私の10+年来の友人であるCougarちゃんは、
(以下、クーガー。意味はお調べください。)
某国に居住するニッポン女子です。
クーガーちゃんはアラフォー。
彼女の彼は15歳年下のいまだ20代。
彼はその某国男子君です。
(某国はアメリカではありません。)
彼女はビジネス上手で収入も彼より上です。

クーガーちゃんのお話は、ここでは詳しく書きませんが
まぁ、上記の設定で想像をたくさん膨らませて
楽しんでみてください。笑。

んで本日、アテクシは別の友人と二人っきりの女子会をしてまして、
その井戸端会議でクーガーちゃんのお話をしました。
書けないけど驚愕のアンナ事やコンナ事で
What?Serious?Kidding?(なぬ?マジで?冗談?)と
会議を盛り上げに盛り上げてくれたクーガーちゃん話し。
本人も笑っちゃうくらいなので、私達も笑っちゃうわけですわ。

クーガーちゃんはその人物はもちろんのこと、
話題豊富な人生物語もそれはそれはチャーミングです。
大好きな友人の一人です。

さてと、そろそろ「オトコとオンナの進化論」に。
その井戸端会議で、頭をガツーンと殴られたような衝撃の名言。
井戸端会議の相棒女史:
「男の人はどんなに年下の女性と一緒になっても(結婚しても)
『養う』って言い方をされるけれど、
女の人が年下の男性と一緒になると(未婚or既婚でも)
『貢ぐ』って言い方されちゃうよね。」

男だったら『養う』で女だったら『貢ぐ』。
そうだね、おかしいいよ!

養われている年下女性も実は計算尽くめだったとしても
それでも世間では男性が養っているって言い方がしっくりして、
年上女性と年下男性の組み合わせだと、
貢いでるんじゃない???と疑いつつの言い方をする。

うーん、変だ。

今の時代、ビジネス上手な女姓は山程いるし、
収入の差や年齢の性があっても不思議ではないわけです。
ビジネス上手の女性が家族を養うパターンも山程ある。

男性も家族を養う事で社会的に人間としての評価を受け、
家族から精神的な安定、家族の愛をいただくわけでしょ。

それは、女性も同じなのでは?

男女に関係なく、
人間は誰かに認められ、感謝され、必要とされる事が
生きる上でどれほど重要な事か。
そして、男が年上であろうと、女が年上であろうと
心の安定を年下の相手からサポートされるという関係が
この世に存在して不思議ではないと思うのです。

これから年上女と年下男のカップルはどんどん増えると思うし、
NY州では同姓の結婚が合法になって約30日後には施行されます。
世間的な「こうあるべきだという概念」が破壊されていく事は間違いない。

こんな偉そうに投稿をしている私も、
尊敬する相棒女史の名言で、
己の見識の未熟さと破壊される概念の成り行きを
はたと気づいた訳ですが、
大好きなクーガーちゃんをはじめ、世の中のクーガー女子を
心から応援したいと思います。

もう一つの相棒女史の名言。
「クーガーは女の勲章よ!」

デミィー・ムーアって色っぽいもんな〜。
あり、着地点、そこ?




それでは、ごきげんよう。
また近々。


注:ウーマンリブ的な匂いがする記事ですが、
アテクシ、ウーマンリブは得意分野ではありません。
というか、もう議論される程の時代は終わったと思ってます。
[PR]
by chipsalsa | 2011-06-27 11:50 | 人間社会のもろもろ
<< 2011年の七夕に・・・ 24度 >>


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30