人間社会(と猫)



遅れる女

懲りずに今日も愚痴でございます。
愚痴を聞く(読む)のがお嫌いな人には
すんません。


・・・



遅れる女と仕事をするとどうなるか。
それは忍耐以外の何者でもなく
こうしてブログで吐き出す始末に。

この遅れる女とは5年以上も
フリーランスのお仕事をいただいてるわけですが
素材をもらってそれを加工してって仕事内容です。
素材はまぁいろいろ。物だったりファイルだったり。

何が一番嫌って
約束した時間に一度たりとも現れた事がない。
彼女から時間指定されたのに
1時間は軽く遅れるのですわ。

理由は様々。
「子供のご飯の時間で」と言って遅れてきた事もあった。

子育てをしていたら時間が読めないのは分かるけれど
それを理由にされるとこちらとしては
「気にしないで」としか言えないのだ。

立派に時間管理をしている親を何人も知っているが、
子供を理由に時間管理がうまくいできないのは
彼女の場合、当然周りも許容すべしとなるらしい。
子供が産まれる前から時間にルーズだったが、
遅れる女の常識は私の常識ではないので仕方ない。

もちろん遅れても謝罪はありません。
週末に彼女との仕事を入れると
腹立たしさが倍増します。
月〜金までみっちり仕事をした後の週末なんて特に。

この人との仕事を長く引っ張るのが嫌だから
速攻で仕上げて納品するのだが
それを気に入られてしまっているのだね、きっと。

彼女と仕事をしたデザイナー曰く、
発注書通りに納品したのにサイズが違うと
文句を言われ絶対に自分の非を認めないと
愚痴っておりました。
自分の間違いに甘く他人の間違いは
とことん突っ込む人なのですわ。
このデザイナーの間違いでもなかったのにね。
思い通りにならないと意味不明でも
キィー!ってなっちゃうのね。

I won't work with her again.
そのデザイナー、ブチ切れてました。

5年以上もの間、常に頭の中で
要注意人物!と警笛を鳴らすのも疲れたので
そろそろ潮時かもしれぬ。
いや、それにしても忍耐力あるな、ワタス。



それでは、ごきげんよう。
[PR]
by chipsalsa | 2012-02-14 12:05 | アメリカでお仕事ちゅう
<< さしさ〜んっ! 掃除機を掃除 >>


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30