人間社会(と猫)



逆走

マンハッタン市内から我が家のブルックリンへ戻る途中、
猛スピードで反対車線を逆走していく車を見た。

気が狂ったようにスピードをあげ、
左折待ちをしている車の後ろに一瞬だけ止まった。
(言うまでないが、アメリカは道の右を走る。
日本とは逆なので右折待ちではなく左折待ちとなる)


と思ったら、直進する大型トラックの前を
もの凄い勢いで左折した。
トラックとは接触寸前の間一髪。

「左折できるスペースなんてなかったのに
どうやって左折したんだ?」
と隣にいた旦那君に聞いた。

旦那君の答えが返ってくる前に、
もの凄い勢いでバックしてくる車がいる。
さっき左折して行った車だ。

反対車線に逆走した大バカ者。

左折した時のものすごいスピードを考えたら、
もしあの斜線に車がいれば
正面衝突の大事故になっていたに違いない。

夕方のラッシュ時に
その斜線に車がいなかったのは奇跡にちかい。

バックしてきてからも道の真ん中に堂々と止まり
「どけどけ、この野郎」とばかりに本来の斜線に戻った。

その先には橋があるのだが、
この橋は片側が4車線あるが、道幅は狭い。

狂ったようにスピードをあげ、
その狭い橋の斜線を右に左にとハンドルをきった。
「事故になる。事故になる。」とヒヤヒヤした。

いい年したおっさんが、狂ったようにスピードをあげ
己の車の速度とパワーを自慢するのには
まったくもっていやらしい。





あ〜、怖かった。
ごきげんよう。
[PR]
by chipsalsa | 2013-04-04 10:57 | アメリカ生活のもろもろ
<< 変なスタンダード Mohonkへ行ってみた >>


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31