人気ブログランキング |

人間社会(と猫)



カテゴリ:人間社会のもろもろ( 60 )


巻かれろ

長いものには巻かれろ、という諺のはなしを軽く。。。

畑違いの職場を渡り歩いて気づいたことです。
私の米社会でのお仕事歴史を大まかに分けると、
広告代理店から販売業のインハウス制作部x2ですが、
広告代理店で働く人って自由人が多いのは確かですが
ほとんどの人が長いものに巻かれたくない人でした。
それ以外の会社では巻かれてなんぼ、かな。

ストレートに言うと巻かれまくった人って出世しますね。
それはそれでイイと思います。

そもそも私には出世願望まるでないので、
だから私も巻かれまくっちゃおう〜!ってのはありませんが、
適当に聞き流し、適当にいい顔し、適当に受け流すってのは
ストレスを溜めない方法ですね。ゲームしてるふり。
振りをしてるのを忘れずにね。

長いものにぐるぐる巻かれちゃってる人、皆さんの周りにもいますか?
by chipsalsa | 2015-04-21 09:21 | 人間社会のもろもろ

太陽

実は冬の間、私はかなりディプレスしていた。

どうしてあんなに気持ちが落ち込んでいたのかよく考えると
シーズナルディプレッションだったのだと気付いた。

人によって季節は違うと思うが、
私の場合はあのどこまでも続く冬の寒さ。
まったく太陽に当れない日々。
氷点下20度が数日つづく温度の低さ。
雪が凍って汚れまみれになった毒々しさを増すブラックアイス。
(凍った雪が汚れて黒くなるのでブラックアイスと呼ばれる)
体が感じる寒さに加え、視界に飛びこむ黒々しい光景。

3月の後半になってもダウンジャケットを着る寒さが続くと
いったいいつになったら冬が終わるんだ〜〜〜〜!!と
腹立たしくなる。

会社のエレベーターで同乗したお偉い上司に
「冬が長くて、気持ちが落ち込む」と言うと
「誰でもそうよ〜。太陽に当たってビタミンDが取れないしね。」

そう、それ!
太陽に当たりたかったの!

4月になりやっと太陽の光にあたると
今までの暗〜い気分はどこえやら。

燦々と輝く太陽を浴びる。
日光浴って本当に大切。

そのお偉い上司にサンライトなるものがあるのを教えてもらった。
冬の間とか、窓がなくて日が入らないオフィスなどで使うそうだ。
NatureBright(クリックでアマゾンに飛びます)
Verilux HappyLight(クリックでアマゾンに飛びます)
といった商品があるらしい。
(何かを育てる機材っぽくもあるが・・・)

次の冬は真剣に購入を検討しようかと。
ビタミンDも忘れずに摂取しなきゃ。

私が住むニューヨークシティはやっと春らしくなってきたが、
地域、国によっては4月の後半まで雪が降っているかもしれない。
冬が明けるのはもうすぐです。がんばりましょう!
by chipsalsa | 2015-04-06 09:28 | 人間社会のもろもろ

変なコマーシャル特集

アメリカ人目線で編集された日本の変なコマーシャル特集。
「子供も一緒に見てる@お茶の間」って設定でご覧になると
ハラハラドキドキな特集です。



トップ画面からすでにヤバイ。
だ、だいじょうぶか、my people?



ってことで、NSFW(Not Safe For Work)でよろしく!
・・・ブログ記事のプレビューで、トップ画面を見て
投稿しようかどうか迷った、が、載せちゃいます。










by chipsalsa | 2013-07-03 10:57 | 人間社会のもろもろ

隣の客は・・・

ありゃりゃ!
怠け者になってぐーたら暮らしていたら
1ヶ月も更新してなかった・・・。

さてと。
感謝祭、いかがお過ごしでしたか〜? ←とっくの昔。
じゃ、クリスマスは?←ちょっぴり旬。

我が家は至って静かな両日となりました。
二人+猫でぐーたらと。

で本日のBoxing dayは街へショッピング。
相方さんのとっておきのジーンズと、
とっておきのシャツの買い物に
一日付き合わされました。

んで夕食は最近できたらしい味噌ラーメンの店へ。
パルメジャンチーズが乗ってたり
海老フライが乗ってる不思議なラーメンを出す店。
(私は普通の味噌ラーメンで被害なし、ん?)

そこでの出来事。
隣の客は中年のアジア女性と中年の白人男性。
お二人とも身なりの整ったカップルで
夫婦なのかなと思ってました。

時間が経つにつれて発覚したのだけれど、
このオヤジ、言葉の虐待?ってくらい
ひどい暴言を吐く男で、隣に座ってる私たちが
どんどん嫌な気分にさせらました。

まずね、オヤジ。
ここはラーメン屋なのよ。
あんたベジタリアンか何か知らんけど
肉が入ってないものくれって騒ぐのは
どーかと思うよ。

だったら近くのマクロビのお店へお行き。
あそこの食事、おいしいよ。
ラーメンもうまうまだよ。

お連れのアジア女性がらーめん頼まなかったからって
そこまでグチグチぐちぐち文句たれる?
以下の文句、3回リピートしてました。

「一日中ラーメン食べたい、ラーメン食べたいって
騒いだくせに、なんでラーメン頼まないんだよ。
だったらとんかつだってキムチだっていいじゃねーか。」
(すべて英語ですが、Fワードも使ってませんが
訳すと悪意に満ちあふれた会話だったです。はい。)

店に入ったらラーメンじゃなくて
違うもの食べたくなったのよ。
女ってそういう生き物なの。
それか、そんな暴言と付き合ってたら
食欲も無くなったんじゃない?
気にせず一人でパルメジャンチーズ乗せラーメン食べて。
お願いだから。

そうそう、あれほど騒いだ割にはベジタリアンじゃないね。
だってスープは肉から出汁とってるのよ、じっくりと。
ははは。

「この映画2時間10分も上映時間があるよ。」
「だったら、僕の家でリラックスしようよ。」

はぁ〜。
このオヤジ。

上の会話、訳した日本語を意訳するつもりはありませんが、
見え見えな会話で、うんざり。
あんだけ文句言った後に、目的はやっぱりそれ?

相方さんと無言で視線をかわし
「何このオヤジ?」と二人で目を丸くしたのは
言うまでもありません。

相方さんなんてオヤジの会話を録音してた。
ユーチューブにでも出品するのか?

店を出た後、
私:「聞いた、あのオヤジの会話?」
相方:「文句ばっかり言ってたな。」
私:「顔面にパンチしてやりたかったよ。」
相方:「肉を食べたくなければサラダ食べればいいのにな。」
私:「”僕”の家に行こうって言ったよね?夫婦じゃないんだね。」
相方:「”私は家に帰る”って言ってたよ。聞き逃した?」
私:「え、ほんと?あ〜良かった。」

ほら、私は女ですし、しかも同じアジア人ですから
こういう無礼な男は過敏に反応しちゃうんですよ。
他人であろうと特にモラハラっぽい男は、
アンテナセンサーがびゅんびゅん反応しちゃいます。
女性の肩も持ちたくなりますよ、ほんと。

でも男である相方さんが、
「what the f*** is that guy? Such an ass hole!」
(これは訳せません。良い子の皆さんは真似しないように、笑。)
ってムカついてたくらいですから、
相当な代物でした、あのオヤジ。



それでは、ごきげんよう。
また近々。
by chipsalsa | 2011-12-27 11:34 | 人間社会のもろもろ

There is no reason not to follow your heart.

アップル社創設者の一人、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。

Mac崇拝者でもWindows崇拝者でもないが、
どちらの創設者もテクノロジー界に偉大な業績を残し、
そしてそのテクノロジーは日々進化し生活の一部になっている今日、
彼らが開発したすばらしいツールによって
私の生活がより豊かになっている事実は間違いない。
そういった意味で、スティーブ・ジョブズ氏の死去は
まるで家族を失ったような悲しみを感じる。

彼が2005年にスタンフォード大学の卒業生に向けたスピーチから
ガンを宣告され、死に向き合った後の彼の言葉を
こちらに抜粋させていただく。(英文のままで失礼)

********************

"Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything—all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure—these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart."

********************

何を信じ、何を大切にし、何を愛し、何を残すか。
すべての人に平等に与えられたいずれ訪れる”死”に向かい、
自身が何をしてゆくのかを己に問いたとき、
心の中にある脈動を信じ、それに突き進むことでしか答えは出ない。
There is no reason not to follow your heart.

スティーブ・ジョブズ氏は突き進んだ結果、Macというツールで
世界中の人を豊かにしたのであろう。



今頃、お空から私達を見下ろしているのかしら。
いままでお疲れさまでした。
私の世界を広げてくださってありがとう。




ごきげんよう。
また近々。
by chipsalsa | 2011-10-06 13:03 | 人間社会のもろもろ

悲しい事件

本日の記事は、人としての尊厳を奪ばわれた
非常に悲しい事件のお話(恐らく殺人事件)です。
心に元気が無い方が読まれると
余計に落ち込んでしまうかもしれません。
どうか、深呼吸をしてからお読みください。
または、お元気になられてからお読みください。
元気な私でも書くのが辛く、悔しい事件です。



















***

容疑者は挙がっているものの、
物的証拠が確立されておらず
いまだ犯人逮捕に至っていない悲しい事件が
相方さんの育った州(街)で起きた。

その事件を知ったきっかけは、
相方さんの高校時代の友人が
クラスメートのAさん(女性)が亡くなった、
と知らせてきてくれたから。

「病気?事故?お葬式には行った方がいいんじゃない?」

亡くなった知らせを受けた時は
何が起きているのか知らなかったが、
ニュースを検索してあまりにも悲しい事件に
Aさんが巻き込まれて亡くなられたことがわかった。

Aさんは今月初めから新しい家に
ルームメイトとして入居した。
ルームメイトは20歳後半の女性Bさんとその娘さん11歳。

9月の半ば、午前3時にこの家から出火して
上記の3名が焼死体で発見された。

当初から不審火の疑いがあり、
1回目の捜索で親子のみが発見され、
2回目の捜索でAさんが発見された。

司法解剖の結果、
Aさんは殴り殺されていた。
11歳の娘さんはレイプされていた。
そしてBさんも殺傷であったようだ。
(司法解剖はまだ続いているので結果は途中経過のみ)

焼死体で発見された3名は放火される前に
すでに殺されていたと言う見解は恐らく正しい。
(その為、文頭で”恐らく殺人事件”と述べた)

出火してすぐに警察は事件の重要参考人として
ある一人の男を挙げていた。それは娘さんの実の父親。

この父親にはrestraining order(接近禁止命令)が
出されていたようだ。事件を知った当初は、
Bさんへのストーカー行為でもしていたのか?
そう勘違いしていた。

新しいニュースで明らかになったのは、
接近禁止命令が出ていた理由は、
父親が実の娘をレイプしていたからだったようだ。
そして叔父(または伯父)も加担しており
児童ポルノを撮影していたらしい。

ひどい、ひどすぎる事件だ。
これほどまでに胸をえぐられる事件が
あっていいのだろうか。

相方さんのクラスメートが巻き込まれてしまったという事実を
合わせるともっと苦しくなる。

捜査も司法解剖もまだ進行中なので
以下は私が勝手に想像しているだけだが
Aさんは押し入ってきたこの父親を
止めに入ったのではないだろうか。
誰かを守ろうとして殴り殺されてしまうなんて。
言葉にできない怒りを感じる。

児童虐待、特にこのケースのように
実の父親からレイプされるケースは、
子供がその事実を大人に告白するまでに
相当の勇気と時間が必要になるだろう。

父親への愛情と憎悪が入り交じり
母親への負い目もあるだろう。
小さな子供の心で一生懸命に葛藤し、
大人への告白から児童養護施設の援助を受け、
やっと接近禁止命令という処置まで
行き着いたのではないだろうか。
(この点も、ニュースで少しずつ明らかになってきた)

接近禁止命令など、
娘をレイプする父親には
何の意味もなかったのであろう。

実の娘を痛めつけた上に殺めてしまう親など
生きている資格は無い。
娘の母親までも殺してしまう人間など、
生きている資格は無い。
たまたま同じ家に居たAさんすらも殺した人間など
生きる資格は無い。
動機が何であれ、人間の尊厳を奪った男だ。

死刑執行については非常に難しい議論で
個人的な意見を書ける程、法律に詳しくない上に
ましてや人文学、社会学、思想学を専攻した訳ではないので
私に与えられた道徳心から書かせていただくが、
人間の尊厳を奪ったこの男には、生きる資格は無い。
そう言い切りたいのは、この事件があまりにも
自己快楽を押し進めた上の結末であるからだろう。

容疑者(この父親)が逮捕され、
1年程して間違いなく公判に持ち込まれる。
いや数年後かもしれない。
被告側弁護士の戦法にもよるが、
この事件の公判により、被害者家族の心理的負担が
できるだけ短く終わる事を心から願う。
すでにこれほどまでに理不尽な
家族の損失を味わっているのだから。

亡くなった11歳の娘さん。
子供を守ろうとしたBさん。
そして事件に巻き込まれてしまったAさん。
残された私達は、この理不尽な死から
ひとつでも多くを感じ、学び、
大切な人達を守りたいと思います。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。

そして、どうか、みなさんもこの悲しい事件を
忘れないいただけませんか?
最期は悲しい事件で幕を下ろされてしまいましたが、
彼女達の生活には、私達が知りえない
幸せな時間も沢山あったはずなので、
そんな彼女達の姿も思い描いてください。



それでは、ごきげんよう。
また近々。
by chipsalsa | 2011-09-21 12:45 | 人間社会のもろもろ

ゴージャスな100歳

昨日の夜、大学時代の教授と夕食をした。
アメリカのママと呼んでいる、友人であり家族のような人。

彼女はかれこれ2年程、とあるアートプロジェクトをしている。
そのプロジェクトで今年100歳になる女性作家の写真を撮った。

「100歳の女性の撮影はどうだった?」
「She is gorgeous!」

100歳になってもゴージャースな女性とは!
その秘訣に興味をそそられるぅ〜〜〜。

すると教授は教えてくれた。
100歳の女性作家はおっしゃったそうだ。
「若いダンナさんがいるのよ。今年、96歳!」

そう来たかぁ〜〜〜!!!
す、すてきぃっ!!!

彼女からしたら96歳は、確かに若いのだ。
どんなに歳をとっても
年下のダンナさんは永遠に年下だものね。

ところで、ゴージャスという形容詞は、
20代、30代の女性に使うと容姿の華やかさを現す場合が多いが、
100歳の女性に使うとその方の人生や英知、教養、
そしてもちろん容姿の華やかさのすべてをひっくるめてしまう。
もちろん、教授もそういう意味で彼女はゴージャスと言ったはず。
なんて素敵な言葉でなんて素敵な100歳。

そして何より、ユーモアのセンスも忘れちゃいけない。
「若いダンナさんがいるのよ」

実際、写真を見せてもらったけれど
とてもそのお歳には見えない、素敵な笑顔の女性だった。

ん〜、私もおばあちゃんになったら言ってみたい。
「若いダンナさんがいるのよ、3ヶ月だけ年下。」
・・・それは、世間では「同い年」と言うはずだが、
気持ちの問題ってことで・・・。


それでは、ごきげんよう。
また近々。
by chipsalsa | 2011-09-01 12:02 | 人間社会のもろもろ

It's her birthday.

今朝、地下鉄に乗ったらドアが閉まる寸前に
駆け込み乗車をした男の人がいた。

その人には連れがいたようで、
閉まりかけたドアを必死におさえている。

数秒遅れて駆け込んできたその連れは女性で
その男性は「今日は彼女の誕生日だから!」
必死にまわりの乗客に言い訳をし
連れの女性も「誕生日だから。」を連呼する。

そんな理由で電車止めるな!
しかも誰も聞いてない。一同、無視。

It's my birthday.
I can do whatever I want.
(今日は私の誕生日。何でもやりたい事する。)

アメリカ人の友人の誕生日には
よくこの言葉を聞く。

誕生日だから、たくさんお酒を飲んじゃお。
誕生日だから、高いレストランで食事しちゃお。
誕生日だから、欲しかった洋服買っちゃお。

こういうのが誕生日ご褒美の正しい使い方。

誕生日だから、電車止めちゃお。
それ、間違いですから。

ときどき、こういう不思議人間に遭遇します。
おもしろいね、ニューヨークって・・・。



それでは、ごきげんよう。
また近々。
by chipsalsa | 2011-08-10 10:46 | 人間社会のもろもろ

か、かわえぇ〜〜。





なでしこチャン達のかわいい体操。
ふふふ、と思わず微笑んじゃいますよ。
(NHK教育てれびの番組で放送されたモノです。)

彼女達の何がイイって近所に住んでる女の子っぽいとこ。
素朴さとひたむきさとテレが、おばちゃんのハートわしずかみ。
今後、どんどん注目されてもこの可愛らしさを保って欲しい。

ツイッターで嫌な思いした選手もいたみたいだけど、
酒の席の話題をツイッターすんな、ボケっ!
じゃありません?

話題になった選手は、軽率な行動と反省しているそうですが、
優勝トロフィーと金メダルもって帰ってきた娘ちゃん達が
お祝いの席に呼ばれて何が悪いんじゃ。
文句の一つも言えないようじゃ立派な大人になれません。
って、本人はほとんど気にしてないと思うけど。

(ツイッター騒動をご存じない方には、意味不明な文ですた。)


それでは、ごきげんよう。
暑さでとろけそうです。
また近々。
by chipsalsa | 2011-07-23 08:25 | 人間社会のもろもろ

オトコとオンナの進化論

なんつって、壮大なタイトルにしてみましたが、
まぁ、読んでいってください。

私の10+年来の友人であるCougarちゃんは、
(以下、クーガー。意味はお調べください。)
某国に居住するニッポン女子です。
クーガーちゃんはアラフォー。
彼女の彼は15歳年下のいまだ20代。
彼はその某国男子君です。
(某国はアメリカではありません。)
彼女はビジネス上手で収入も彼より上です。

クーガーちゃんのお話は、ここでは詳しく書きませんが
まぁ、上記の設定で想像をたくさん膨らませて
楽しんでみてください。笑。

んで本日、アテクシは別の友人と二人っきりの女子会をしてまして、
その井戸端会議でクーガーちゃんのお話をしました。
書けないけど驚愕のアンナ事やコンナ事で
What?Serious?Kidding?(なぬ?マジで?冗談?)と
会議を盛り上げに盛り上げてくれたクーガーちゃん話し。
本人も笑っちゃうくらいなので、私達も笑っちゃうわけですわ。

クーガーちゃんはその人物はもちろんのこと、
話題豊富な人生物語もそれはそれはチャーミングです。
大好きな友人の一人です。

さてと、そろそろ「オトコとオンナの進化論」に。
その井戸端会議で、頭をガツーンと殴られたような衝撃の名言。
井戸端会議の相棒女史:
「男の人はどんなに年下の女性と一緒になっても(結婚しても)
『養う』って言い方をされるけれど、
女の人が年下の男性と一緒になると(未婚or既婚でも)
『貢ぐ』って言い方されちゃうよね。」

男だったら『養う』で女だったら『貢ぐ』。
そうだね、おかしいいよ!

養われている年下女性も実は計算尽くめだったとしても
それでも世間では男性が養っているって言い方がしっくりして、
年上女性と年下男性の組み合わせだと、
貢いでるんじゃない???と疑いつつの言い方をする。

うーん、変だ。

今の時代、ビジネス上手な女姓は山程いるし、
収入の差や年齢の性があっても不思議ではないわけです。
ビジネス上手の女性が家族を養うパターンも山程ある。

男性も家族を養う事で社会的に人間としての評価を受け、
家族から精神的な安定、家族の愛をいただくわけでしょ。

それは、女性も同じなのでは?

男女に関係なく、
人間は誰かに認められ、感謝され、必要とされる事が
生きる上でどれほど重要な事か。
そして、男が年上であろうと、女が年上であろうと
心の安定を年下の相手からサポートされるという関係が
この世に存在して不思議ではないと思うのです。

これから年上女と年下男のカップルはどんどん増えると思うし、
NY州では同姓の結婚が合法になって約30日後には施行されます。
世間的な「こうあるべきだという概念」が破壊されていく事は間違いない。

こんな偉そうに投稿をしている私も、
尊敬する相棒女史の名言で、
己の見識の未熟さと破壊される概念の成り行きを
はたと気づいた訳ですが、
大好きなクーガーちゃんをはじめ、世の中のクーガー女子を
心から応援したいと思います。

もう一つの相棒女史の名言。
「クーガーは女の勲章よ!」

デミィー・ムーアって色っぽいもんな〜。
あり、着地点、そこ?




それでは、ごきげんよう。
また近々。


注:ウーマンリブ的な匂いがする記事ですが、
アテクシ、ウーマンリブは得意分野ではありません。
というか、もう議論される程の時代は終わったと思ってます。
by chipsalsa | 2011-06-27 11:50 | 人間社会のもろもろ


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30