人気ブログランキング |

人間社会(と猫)



<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


テトラ、ベタ、クロウフィッシュ

こんにちは、チプサル母です。

題名のテトラ、ベタで「お、魚の話だな。」と
お分かりになった方は
かなりの熱帯魚通とお察しいたします。

最後のクロウフィッシュとは、
カッコつけて英語で書きましたが、
要はザリガニです。

先月の終わりの記事でザリガニが登場しましたが
実は一匹だけ幸運にも生き残ったザリガニちゃんがおりまして
我が家のペットに仲間入りと相成りました。

食す予定で買ったザリガニがペットになるっていうのも
なんだかおかしな感覚です。魚釣りに行ったらあまりにも
いとしい魚と出会ってしまったので食べるのやめた。ってなかんじ?
うまく気持ちの整理をすることができないのか、
ザリガニさんとは心が通じないような気配あり。

かれこれ数週間たってやっと水槽を買いましたら
「せっかくだから魚を飼おう。」と
チプサル父から提案がございました。
・・・というより一匹だけ残しておいたのは、
はじめからペットにするつもり(ついでに魚もね。ニカッ。)って
魂胆だったのでしょう。

まんまとヤツの策にひっかかってしまいました。

先週金曜日にペットショップへ行ってきましたよ。
踊る気持ちを抑えつつ。

新しい仲間ができるっていいですね。
策にひっかかったなんて書いてますけど、
実は密かに魚を飼うのは楽しいかもと。

ネオンテトラという青と赤のめだかっぽいお魚ちゃんと
それに闘魚と呼ばれるベタが仲間入り。

闘魚って水槽の中に一匹だけで飼うのかと
間違えた知識があったのですが、
オスを二匹(以上)同じ水槽で飼ってはダメってことなんですね。
他の魚がいても大丈夫なんだそうです。

ニャンズも私のストレスレベル低下に大変貢献してくれてますが、
魚って、時のたつのを忘れるほどぼ~っと眺めていられるもんですね。

以前、3ヶ月ほど一緒に住んだ中国人のルームメートが
大きな水槽にわんさか魚を飼っていたのですが、
「魚を見てると落ち着くのよ」と言っていて
私にはさっぱりその気持ちがわからなかったのですが
今となっては、彼女に陳謝したい気分です。

ザリガニは雑食なので他の魚を食べちゃったりしないかと
同じ水槽に入れてからずっと心配しているのですが、
当の魚たちは私の心配をよそに優雅に泳いでおります。
身の危険は速浴(なんて言葉ある?)で回避とばかりに。

ところで「めだかの学校」という童謡がありますが、
英語でも魚が群れをなして泳ぐのを
スクーリングと言うんですね。

気になって調べてみましたら
作詞家の茶木さんという方のお子さんが
荻窪用水周辺でめだかの群れをみつけて大声をだしたら
めだかが逃げてしまったそうなんです。
茶木さんが「大声だしたから逃げちゃったね」というと、
お子さんが「だいじょうぶ、また来るよ。だってここはめだかの学校だもん」と。

ほ~なんて微笑ましい。お子さんとのやりとりを題材にして
「めだかの学校」という童話が生まれたのですね。

英語のスクール(学校)と魚が群れをなすスクールは同じ語源かな?
(たぶんそうだろうな)
童謡「めだかの学校」が生まれた話もお子さんの目には学校に見えたのね。
可愛いですよね、こういう話って。

それでは、お待たせしました(?)。
我が家のお魚ちゃんたちをお披露目です。

ネオンテトラちゃん。
d0134497_10292110.jpg


闘魚のベタくん。時々、目が合います。
d0134497_10303016.jpg


最後に全員で一枚。ザリガニは私を威嚇します。嫌われた・・・。
d0134497_10312989.jpg


けっしてムツゴロウ王国ならぬチプサル王国を築こうとしているわけではありませぬ。
着実に数が増えていることは確かですが・・・。

最後に・・・
水槽には蓋がついているのでニャンズは水さえも触れません。
私の横で一緒に魚を眺めるといった構図になってます。
それからケープメイで拾った石が大活躍です。
by chipsalsa | 2009-06-28 10:53 | チップとサルサ(と動物たち)

7年前の日記

物探しをしていたら本棚から7年前の日記(のようなもの)が出てきた。

当時、気に入ったジャーナル帳があって
色違いで3冊買ったのは覚えている。

うち2冊は、勉強ノート&日記として
ごちゃごちゃに使われていた。

ページをめくると
写真のテクニック、照明のテクニック、
フォトショップの裏技、気になる写真家の名前、
・・・とほとんどが学生時代を彷彿する内容。

そんな中にまぎれてたったの6ページだけ
日記のような愚痴のような孤独をかき消す魔術のような
読み返すと「あなた大丈夫?」って
当時の自分を心配してしまう内容だった。

以下抜粋。

「人間に与えられた二つの普遍の平等
  この世にうまれつくこと(生)
  この世から去ること(死)」

 
まわりには友達もいたし、学校には授業がなくても作品作りで毎日通っていた。
でもアパートに帰るとたった一人で孤独と戦っていたのかな。
書いた日付をみると12月2002年。

典型的なホリデーシーズン前の孤独。
みんな実家に帰ってマンハッタンは独り者ばっかりの季節になる。

それで「生と死」なんて難しい(いや、内容的にはごもっともなんだけど)哲学を
あ~でもない、こ~でもないって考えてたみたい。

こんなことを書いてたことはすっかり忘れてたけど、
忘れていても絶対に言えます。だからといって死を望んでいたわけではありません。
ご心配なく。私は自殺するような勇気のある人間じゃないので。


続いて、もっと孤独を表現している箇所。以下抜粋。

 「この部屋にはテレビの音しか無い。
  日中は下の通りで働く皮屋の店主の売り声が加わる。
  夜は下の通りに唯一あるバーの客の騒ぎ声が加わる。
  それ以外、この部屋には音が無い。」

 (同じく、12月2002年)

生活音ってものがあるでしょう。
でもたった一人だとそんな生活音もむなしく聞こえたのか・・・。


極めつけはこれ。
この日のことは今でも覚えているけれど観た映画までは忘れていた。

観た映画はマイケル・ムーア監督の「ボーリング フォー コロンバイン」。
(他の2本は忘れた。映画館のテイストからするとかなり重い映画だったと思われる)

感想文、以下抜粋。

「クリスマスイブに一人で観る映画ではない。
 ・・・(略)
 カナダでは人口比率に対し銃保有率がアメリカよりも高い。
 しかし銃犯罪率は極めて低い。(確か、2001年は65件?)
 ・・・(略)
 アメリカは11275件(記憶が正しければ)
 ・・・(略)
 NRAの代表者にムーア監督が「何故アメリカでは銃犯罪が多発するのか?」と問いかける。
 「犯罪の歴史(血の歴史bloody history)があるからだ」と答える。
 「ドイツでもイギリスでもどの国にも血の無い歴史は無い」と反論すると代表者は答えられなかった。
 ・・・(略)
 カナダの10代の若者(髪を緑色に染めている女の子)がインタビューに答え
 「アメリカはすべての物の見方がfightingから始まる」と言ってた。」


上にも書いたように、その日はクリスマスイブだった。。
何の予定もない私はアパートから1ブロック先にある映画館で
3本立て続けに映画を観てしまった。
本当はしちゃいけないけど、学生だったのでお金もなく
1本の映画代金で2本目、3本目と映画館内をはしご。

3本の映画を観終わり、映画館をでたらそこは銀面の雪景色。
映画を観ている間に雪が降り始め、あっという間に30センチ以上積もっていた。
その記憶だけは鮮明に覚えていたけど、こんな感想文を書いていたのは忘却。


たった6ページの日記(みたいなもの)を書いてから4年後、
私は相方(チプサル父)に出会って現在に至るけれど、
孤独への考え方は少し違っている。

2人でいても孤独は存在するし、
何もかもを一緒にこなすってことはしない。
1人の時間も好きだし、無くてはならない時間。

ただ、死ぬときに一緒に死ねたらいいな、
なんてありそうも無いことを考える。

だって、残されたどちらかが淋しい思いをするのは嫌だから。

当分先の話しだし、今は今の時間を楽しむのみだけどね。


すっかり忘れていた6ページの日記。
あの頃から比べると私の精神状態はとっても滑らか。
それはやっぱり相方とチプサルのお陰でしょう。
感謝、感謝。

私のこっぱずかしい一面、いかがでしたでしょうか?


おまけ。ハンモック好きのチップ。
d0134497_3233845.jpg



余談:
残されたもう1冊のジャーナル帳はまっさらなまま。
いま格闘している新しい分野のプログラミングを
この1冊に気合い闘魂したいと思います。
それはiPhoneのアプリケーション用の言語です。
あ~、こんなの私にできるかな?
いや、頑張ればなんでもできるはず。
だよね?
by chipsalsa | 2009-06-25 03:33 | わたくしゴトのもろもろ

ぬいぐるみの匂いと変化する名前

d0134497_12451792.jpg
最近、出番の少ないチップです。おひさしぶりです。

母ちゃんは時々ボクのことを
「短髪、筋肉野郎」と表現します。

たぶん、褒め言葉だと思います。
ボクの短髪ぶり、写真からおわかりになりますか?

ボクの父ちゃんと母ちゃんは
ボクのお腹に顔をうずめて
クンクンと匂いを嗅ぐのですが
あれはお決まりの愛情表現なのでしょうか?

母ちゃんは「今日はぬいぐるみの匂いがするね」と
ご満悦でボクをぎゅっと抱きしめてくれます。

あのぉ~、ボクは本物の猫です。
ぬいぐるみじゃありませんから。

それからボクの名前はチップです。
チプ助とかチプ男とかチッピーとか
いろいろと呼び名が変わってます。

サルサはおサルちゃんと呼ばれてます。
お猿?

どんな名前で呼ばれても
おもわず振り向いちゃうんですけどね。

父ちゃんは母ちゃんのことを
「おばちゃん」「おばあちゃん」と呼んで
こっぴどく叱られます。

日本語を勉強するつもりもないのに
へんな呼び方だけは覚えたらしいよ。

あ、でもね。
そんな父ちゃんだけどちゃんと言える日本語があります。
ビールください。

それだけで生きていけるそうです。












**************************************************
チプサル母です。

久しぶりの猫ブログでした。
雨降りばかりで家の中にこもりっきりのチップとサルサ。匂いはぬいぐるみになってます(笑)。
運動量が足りないのか、家の中を走りまくってます。朝起きると大運動会のあとが・・・。
今朝は私の椅子が倒れてました。(椅子が倒れた音で起きない私もすごい。)

それから、短縮形の名前で呼ぶってよくあることですが、「おばちゃん」はないよね~。
短縮でもなんでもないっつうの。「ちょっと、おっさん!」って呼び返したところで
意味が通じてないからすっごく悔しい・・・。

と、とりとめのないお話でした。たまには、こういうのもね。
by chipsalsa | 2009-06-22 13:18 | チップとサルサ(と動物たち)

ケープメイでイルカに遭遇

たびたびケープメイの話題ですみません。

このビーチ(写真は使いまわし)で、イルカを見ました!
5頭ぐらいか海面を弓なりに泳いでた!
写真の右側にみえる海。このあたりにイルカ達はよくやってくるそうです。
d0134497_22374966.jpg
とっても衝撃的だったのに前回の記事で書き忘れておりました。

イルカに会いたい方、ぜひケープメイへ。
運がいいとみれます。
私たちが見たのは午後1時くらいでした。


こちらがケープメイの場所。
NYからは車で2.5時間ほど。バスだと3.5~4時間かかります。
d0134497_22492665.jpg
by chipsalsa | 2009-06-20 22:50 | 旅に出るの巻

星と石拾いとカブトガニ

こんにちは、チプサル母です。


怒涛の一週間をすごしていたのですが、週末くらいは楽しもう!ってことで
友人のご両親が所有するコテージに泊まらせていただき
星と石拾いとカブトガニを楽しんでまいりました。


行ったのはNJ州の一番南に位置するケープメイというところです。
友人が生まれた年にご両親がコテージを購入されたそうで、
その友人は夏になるといつもコテージですごしていたので
ケープメイは彼女のもうひとつの庭。いろいろと案内してもらいました。


友人の話によると、アメリカで一番古いビーチリゾートだそうで
(って言われてるビーチは他にもあるかもしれないけど・・・)
建物はビクトリアン調で、なんとなく雰囲気はニューオリンズに似てます。


古いだけあって、年齢層も古いです(笑)。
よくもわるくもとっても静かなビーチタウンですね。


でも夜空は星がたくさん。
都市部に住んでいると星が見えないのが淋しいですが、
久しぶりに星をたくさん見てすぅ~っと気持ちが落ち着いた。
北斗七星も見えました。


ビーチから少し離れると湾になってまして、
そこは波も穏やかで夜になると無数のカブトガニが卵を産んでました。
海洋学に興味のある方にはもってこいのロケーションです。


翌日、ビーチに行くと多くの人が下を向きながら歩いているのです。
潮干狩り?と思うくらい。何を探しているかと言うと
ケープメイダイアモンドと呼ばれる珊瑚。
d0134497_1211168.jpg

(この写真は普通のビーチだけど・・・)


珊瑚の原型はとどめていないのですが、
角が削られてまぁ~るく石ころのように変形してます。
ダイヤモンドのように透き通った珊瑚を探して
ビーチをひたすら歩く、歩く。
拾い出したらとまらない。
石拾いって結構やみつきになりますね。
d0134497_124465.jpg




石拾いに飽きてボードウォークへ場所移動。
そこではクラフトショーをしてまして、
なんだかとっても変な赤ちゃんがおりました。
(チプサル父撮影。勝手に使ってる。ほほほ。)
d0134497_1261399.jpg

月年齢ごとに人形の重さも違って、顔の表情も違うんですよ。
作ってる人には申し訳ないけど、
可愛いというより、不気味。手作りらしいです。


チョコレートファッジが有名らしく、
たくさんのお店がありました。
あれって脳に突き刺さるような甘さなんです。
味見の一欠けらで胸焼けしそうになります。
ほとんどのお店にはアメリカ版駄菓子もたくさん売ってました。
これは↓控えめな甘さでした。ラムネっぽい味。
形も色も可愛かった。(またまたチプサル父の写真を勝手に拝借。)
d0134497_1214957.jpg



駄菓子にまみれておもちゃも売ってまして、
昔なつかしのスーパーボール発見!
英語ではバウンシングボールとも言います。(始めて知った。そのまんまの名前)
でも、さすがアメリカ。大きさが日本のスーパーボールの10倍。
(これまたチプサル父の写真。悪いねぇ~。)
d0134497_124665.jpg

光にかざすとキラキラしてきれいです。
重いけどかなり弾みます。
私が見つけて自慢しながらみんなに見せたら
全員が色違いで買い込みました。
突然スーパーボールが次から次へと売れていくので
店員はかなり驚いてましたね。


弾ませて遊ぶという単純なおもちゃなのに
私の中にもまだ子供心が残っておりまして
遊び始めたらやみつきになりました。


夜はマリーナに行きました。
魚市場と3件のレストランが併設されてます。
取れたてのロブスターはおいしかったです。
クラムチャウダーもとっても濃厚でおいしかったです。
ちなみにわたしはニューイングランドクラムチャウダー派です。


ロブスターは興奮して無言で食べたので写真はありません。
でもこんなロブスターをみつけました。
1989年(だったと思う)に引き上げられた
37パンド(約17キロ)のロブスターです。
映画のゴジラに出てきそう。
d0134497_12325393.jpg




と、もりだくさんの二泊三日の旅でございました。
ちなみに友人カップルは白人だったのですが、
がっちりビーチで日焼けしてレッドピープルになってました。


だから言ったのに日焼け止め塗れって。
30分もしないうちに背中が見る見る赤くなってたもんな~。



注:「レッドピープル」の使用法にはご注意を。ま、言われて怒る人はいないと思いますが。
by chipsalsa | 2009-06-16 12:48 | 旅に出るの巻

飼い猫=自分の子供(?)

猫のボッデガとアールケリーを飼う
友人カップルH&Sのアパートへお邪魔した。

ボッデガとは日本流で言うとコンビニ。
NYの街角にかならずあるボッデガ=デリ。
生活用品はほとんどここで売ってます。

猫のボッデガはボッデガで生まれたから名前もボッデガ。
命名がおもしろすぎる。

ほんとはあーゆーお店で猫って飼っちゃいけないらしいけど
けっこうどこのお店にも看板娘(息子)のニャンコがいたりする。
(ネズミ除けって話も聞いたことある。)

先代の看板娘のニャンコが子供を生んで、
その子猫をH&Sがアダプトしたという経緯です。

一週間ほどして別の保護団体から
アールケリーをアダプとして
それ以来、血のつながりはないのに
兄弟のように育っているニャンズ。

おどろくことに毛色や柄が極似でほんとの兄弟みたい。こんなかんじ。
d0134497_47118.jpg
子猫のときに会って以来だったのだけど
丸々と立派に育ってました


椅子に座ってるのがボッデガ。
下にいるのがアールケリー(ラッパーの歌手、アールケリーから)。

H&Sとの会話はもっぱら飼い猫自慢&その躾。
この会話ってお子さんがいる友人との会話にそっくり。

その矛先が猫に変わっただけで
餌の種類とか好きなおもちゃの話とか
まるで子供の子育て夢中になってる親心。

人間と猫を比べるなんて!とは言わんでください。
我らも全身全霊で猫を育てておりますゆえに。




椅子とたわむれるボッデガをあと二枚、どうぞ。
d0134497_10511140.jpg
一緒に行ったチプサル父(相方)は
丸々育ったボッデガとアールケリーをかかえ
「Hey fatty!」と呼んでいた。
相手が猫でよかったよ。
おデブちゃんなんてよそ様のお子さんには
絶対言えないもんね。

d0134497_10525466.jpg
オトコの子なんだけど
おっぱいがなまめかしいぜ。でもかわいいぜ。
by chipsalsa | 2009-06-08 11:01 | チップとサルサ(と動物たち)

マナー違反よ。

マナー違反よ、チプサル父。

っていうのはですね・・・

先ほど、待ちに待った自転車が(下の記事)届いたのです。
うれしくてせっせと組み立て(こーゆーこともできます、おほ。ま、かなり手伝ってもらったけど。)
「まー可愛らしい。乗るのが楽しみだわ。」とうかれてましたら・・・


奴は私がブログしてるのは知っていて
「届いた自転車ブログにのせるの?」ってきくから
「もうしっかり載せました。写真付きで。」って答えたら
「どれどれ見せて。」っていうのでその記事を見せてあげたんですよ。


そしたらちゃっかりこのブログのURLを暗記してました。
「けけけっ、トランスレートして君のブログ読んでるぞ。」ってほくそ笑みまして。
二秒後、奴のモニター見たら英語で翻訳された人間社会(と猫)を
ニヤニヤしながら読んでるんですよ!


やめてぇ~!
(これは日本語で叫びました。奴もこのくらいの意味は分かるので。)


携帯を見られても、Eメールを見られても、まったく気になりません。
何の秘密もないし逆に見てくれて大いに結構。って思ってます。
奴も同じ考えだと思います。ま、だからと言ってお互い見ませんけどね。


でも、何なんでしょう。ブログって奴に見られるとテレる。恥ずかしい。


入っちゃダメよな境界線とでもいうのでしょうか、
どうせ読めないしって言う気持ちで書いてる日本語だからでしょうか、
お願い、一生見ないで!って頑なに拒否をしている自分がおります。


「We need to talk!」 この一言はまじめな話をする際の枕詞。


「入っちゃいけない境界線っていうのが私たちにも存在するのだよ。」
「お互い、今後も気持ちよく生活していくために、頼む!ブログは読まんでくれ!」


私の弱みを握ったかのごとく、奴のニヤニヤは止まらず
「だってパブリックになってるブログなんだから別に見たっていいでしょ。
勝手に翻訳してくれるし、便利だね~今の時代。」


「ごもっとも。んが、見られたくない一面っていうのも恥じらいとして残しておきたいものなんだ。」


頼む!頼む!頼む!と必死にお願いしました。
だって、奴が全部読んだら言うこと分かってるもん。


「猫ばっか。どーでもいい話ばっか。」
分かってんのよ。でも止められないのよ。
それなりに考えて書いてるの。
なによりも楽しいのよ!
コメントなんてもらったら、もっとうかれちゃうのよ。
私の楽しみ、バカにしないでください。


(この記事も隠れて読まれるであろう。あんたの事書いてんのよ!)


そのどーでもいい猫の記事を書こうと思ってたのに、
今回はこの記事に差し替えました。


いやはや、世の中は便利になりすぎて困りました。
のん気にブログも書けやしない。



みなさんは身内にブログ見られるとテレません?
by chipsalsa | 2009-06-04 07:44 | わたくしゴトのもろもろ

新装開店と中古自転車

ども、どもチプサル母です。


6月になったし(?)、ブログスキンを新装しました。
といっても前とあまり変わってませんが・・・。


猫ブログだったのに、わたくしチプサル母がつぶやきすぎるので
タイトルも人間社会(と猫)に変更しました。


これからも猫のチップとサルサ(チプサル)は登場します。
チプサル父(相方)も時々登場します。
以前となんら変化はございません。タイトル以外。
早い話、気分転換したかったのです。おほほ。


こんなチプサル家を今後ともどうぞよろしく。ぺこり。



え~、話は変わりまして。
中古の自転車をイーベイで購入しました。イエイ!
うれしくて夕べから顔がニヤニヤしてます。


A地点からB地点へ移動できればいいので
量販店で売っている自転車で私は満足だったのですが
それでも新車は盗まれる確率が高いということで
「絶対に盗まれない地味ぃ~な自転車にしろ」と
チプサル父(相方)が申すので、イーベイで見つけてくれました。
(そこまで言うなら支払いもよろしく。と言ったら拒否された。)


ちなみに近所の自転車屋で新車を物色したら
なんと一番安いので400ドルくらい。びっくり。


自転車通勤してるわけでもないのに400ドルは払えません。


という訳で購入したのはこちら。
d0134497_0184839.jpg
(写真はイーベイの売主さんのもの)


バイカーの方々に言わせると
荷台付き&スタンド付きはありえない選択なのだそうですが
私にはこのショボさがたまらん!のですわ。
(写真にはスタンドは写ってませんが、反対側に付いてます)


こんな中古でも12段階のギアチェンジだってできるんだからっ。
カスタマイズして「かご」もつけるんだからっ。


私が「でも盗まれたら嫌だな~。こんなに可愛い自転車」とつぶやきましたところ
相方に即答で「ぜったいに誰も盗まないから!」と言われました。


そ、そんなにカッコ悪い?
一緒に出かけるのは嫌!とか言われないことを願おう。


この青いチューコ(中古)さんにはまだお会いしてませんが、
届いたらスーパーまでお買い物に行きたいと思います。
ババチャリ、ばんさい!





最後に気になるお値段。
本体$79.99
送料$48.79

送料が本体価格のほぼ3分の2。高っ!
by chipsalsa | 2009-06-02 00:36 | 運動するの巻


ども、チプサル母です。人間社会をまったり綴ってます。猫のチップとサルサ(チプサル)とチプサル父(相方=アジア系米人)とNY州Brooklyn在住。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30